癌の転移を早急に見つける│対応の早さが必要不可欠

医者

住み慣れた家で医療を行う

病棟

世田谷区には多くの在宅医療機関が存在しており、自分の住み慣れた家で病気の療養を行う為のサポートを行っています。在宅で病気を療養する為には、他の病院と連携する事が重要であり、他の薬を飲んでいるのであれば処方した病院と相談して最適な治療法を導き出す事が重要です。

もっと読む

腎臓が機能不全になると

カウンセリング

腎不全を放置しておくと尿毒症になって死んでしまいます。一度悪くなってしまった腎臓の機能を、治療で回復させることはできません。しかし、人工透析を受ければ、普通に生活し続けることができます。世田谷区には評判の良い透析専門クリニックがたくさんあり、とても多くの人が利用しています。

もっと読む

第4のガン治療法とは

女性

樹状細胞療法は樹状細胞を使ったガンの治療法です。患者自身の樹状細胞を利用して治療を行いますが、即効性はなく、最低でも半年以上は掛かります。そのため手術や抗ガン剤、放射線療法などの他のガン治療と並行して行われることが多く、第4の治療法として注目を集めている方法です。

もっと読む

情報収集は怠らないこと

医者

基礎知識を知っておく

仮に将来癌になってしまったときに、ある程度の基礎知識を知っておくことは、少なからず心の支えになります。たとえば、癌は必ず転移するのかや、その対策法などは、基礎だけれども知らない人は多いと思います。癌は必ず転移するものではありませんが、何年後かに転移することは多いです。また、癌の種類によっても転移する確率やスピードが変わってきます。これだけ聞くと恐ろしい病気という認識がますます高まりますが、医療技術は確実に進歩していることも確かです。たとえば、癌の種類によって転移する確率やスピードが異なるならば、それらをある程度予測し、それぞれにより適した治療や対策を行うという研究が進み、徐々に実務でも用いられるようになってきました。このことを知っておくことで、少しでも心に余裕が生まれ、より落ち着いて治療に専念することが出来るようになり、治す可能性を高めることが可能になります。

情報収集は適宜に行う

癌になってしまうと、治したいという気持ちと同時に、少なからず死の恐怖心が芽生えることは仕方の無いことです。そこで怠りがちなのが、情報収集です。確かに、自分の癌に対する情報を知ることは、より恐怖心が大きくなるという懸念があります。それでも情報収集を怠らず、医師や専門家から積極的に情報を収集することによって、誤った治療法を除外し、より適切な治療法を行うことが出来るようになります。具体的には、自分の癌は一般的な確率でどの程度転移する可能性があるのかや、それを少しでも予測して適切な対策を行うにはどうしたらいいか等の情報を収集することが大切です。近年ではネットを使って情報を収集することも可能ですが、より正確な情報を得るためには、医師や専門家に相談することが効果的です。また、癌によっては転移する確率が高く、スピードが早いものもあるので、出来るだけ迅速に行うとより効果的です。こうしてたくさんの情報を知っておけば、仮に数年経って転移したとしても、適切な治療法を素早く受けることが可能になり、癌と向き合うことが出きる余裕さえ生まれることになるでしょう。