癌の転移を早急に見つける│対応の早さが必要不可欠

困る

第4のガン治療法とは

女性

自分の免疫細胞を利用

樹状細胞療法は免疫細胞の一種である樹状細胞を利用した治療法になります。外科的手術、抗ガン剤投与、放射線療法に次ぐ第4位の治療法です。樹状細胞の働きは、体にとって害となるガンなどの異物を取り込んで得た情報をTリンパ球へ伝えることです。情報を得たTリンパ球は、細胞障害性T細胞へと変化しガンを攻撃します。樹状細胞はひとつで何千ものTリンパ球へ情報伝達できるすぐれものです。免疫細胞療法のみでガンを全て叩けるわけではなく、従来の外科的手術、抗ガン剤治療、放射線治療に併用することでより高い効果が期待できるものです。即効性があるものでもなく、ゆっくりと効果が現れはじめて、長く効果が続く治療法になります。

ガンに特異的に攻撃できる

以前からある免疫療法は、身体そのものの免疫力を上げるようなものであるのに対して、樹状細胞療法はガン細胞に対して特異的に作用させることができる新しい免疫療法になります。抗ガン剤や放射線療法のように周りの正常な細胞までも破壊させることなく、ガン細胞のみを狙うことができます。樹状細胞療法には樹状細胞ワクチンがあります。患者から樹状細胞を取り出して培養し、ガン細胞の目印を教え込ませ、再び身体に樹状細胞を戻します。戻された樹状細胞はガンの情報をTリンパ球へ伝達し、Tリンパ球は細胞障害性T細胞へと変化して教えられたガン細胞のみを攻撃するようになります。樹状細胞療法は即効性はない治療法ですので、効果が出るまでに半年から一年は様子を見る治療法になります。これから第4の新しいガン治療法として、主流になると考えられます。